2018年8月

銃砲所持許可への道【その11】My銃探しへ!

一銃一許可制 普通自動車免許の場合、免許を取得すれば普通自動車ならどれでも乗ることができるけど、 銃の場合は一銃一許可制なので、許可された銃しか持つことができない。1つの銃に対して1つの許可。銃所持許可証を持っていても他人の銃を触ることは許されないのだ。 銃砲店内なら銃を触ることはできる。 でも、銃の試し撃ちはできないのよね。 みなさん最初の銃ってどうやって選んだの?? 欲しい銃が決まってる場合は […]

銃砲所持許可への道【その10】教習射撃へ行ってきた!!

気分は遠足! 射撃場行くの初めて。 実銃撃つのも初めて。 前日はワクワクして眠れない〜 持ち物リストを作って忘れ物ないようにしないと! 教習射撃に絶対必要なもの ・教習資格認定証 ・猟銃用火薬類等譲受証 ・教習費用 28,800円(射撃場により若干異なる) ・装弾代 3,000円くらい ・筆記用具 ほか持っていくと良いもの ・耳栓(普通のスポンジのやつでOK) ・タオル(汗拭き用と、衝撃を抑えるた […]

銃砲所持許可への道【その9】身辺調査とその後

宿題 イガちゃん(担当官)からの宿題をやらないといけない(前回記事)。 管理人さんと元夫と親に、聞き込み調査で警察から電話が行くという話をしなくてはいけないのだ。 まずは管理人さん。 今のマンションに引越してきてまだ1ヶ月。 1回しか会ってないし話づらいなあ… 大家さんが高齢の為、不動産の人に管理を任せているらしい。この不動産は地域密着型で何十年もやってる老舗不動産だ。 直接訪問して話をすることに […]

銃砲所持許可への道【その8】教習資格認定申請 (後編)

2018年2月 いよいよ教習資格認定申請をしに警察署へ行く。 引越したばかりで土地勘のないまま管轄の警察署へ。 新しい担当官と初顔合わせのうえ面談が待っている…かなりドキドキ。 警察署の受付で話をすると やはり上の階の生活安全課へ行けと言われる。 前の警察署と同じく階段を上がると シーーン。 誰もいない、静かだ…。 廊下を歩いて生活安全課をみつける。 ドアをノックして中に入るとそこは小部屋になって […]